「わかる」と「できる」は違う!? | 東進ハイスクール与野校|埼玉県

ブログ

2018年 4月 19日 「わかる」と「できる」は違う!?

みなさんこんにちは!

早稲田大学人間科学部の大久保です!

 
高校では、新入生が仮入部が始まり、徐々に入部し始めているというところでしょうか。
高校3年生にとっては部活もラストスパートになりますね!
部活で学んだことは、必ず受験勉強にも活きてきます。
勉強との両立は大変なのは分かりますが、最後まで一生懸命頑張っていきましょう!!
 
さて、いよいよ今週末4月22日「センター試験本番レベル模試」があります!
模試に向けて学年関係なく、勉強を進めているところだと思います。
与野校では、3月からすでに模試を意識して模試から逆算しながら、何の勉強をいつまでにやるかを決めてきました。
 
ここ最近は、センター形式の問題に慣れるために、過去問を解いている姿もよく見られます。
そこで聞く声に多いのが、
「やってきたはずなのに解けない!」
「もっとできると思ったんだけどなぁ」
「見たことある問題な気がするけど、つまづく…」
「問題集は解けるけど、過去問になると解けない…」
という声です。
 
そこで、東進生に関わらず、大学受験に向けて努力している皆さんにお伝えしたいのは
「わかる」「できる」は違う!
ということです。
もしかしたら聞いたことがある言葉かもしれません。
この言葉をかみ砕いてみて下さい。
 
・問題集で出来ると思っているのは、出来なくても解答解説を見て分かったから
・問題集の問題付近に書いてあるヒントやアプローチ等のヒントを見て解いているから
・問題集は繰り返し解いてはいるけど、ほぼ覚えてしまっている状態だから
 
というような可能性があります。
 
この場合、次の3つを疑ってください。
 
①その問題の解き方、を理解している、または覚えている。
⇒あくまでその問題が分かっているだけで、本質的なことが見いだせていないことが多いです。数値が変わったらどうなるか、条件が変わったらどうなるか、他の問題と似ている点はどこかというように考えてみてください。
 
②問題形式に慣れていない。
⇒問題を後で落ち着いて振り返ったら分かるのに…という方です。時間配分やマークシート形式、センター試験特有の誘導形式問題に慣れるには、回数を重ねることだ大切だと思います。
 
③そもそも全然分からない。
⇒レベルが足りていない可能性も考えられます。公式を覚えるだけではセンター試験は解けません。問題集の問題も標準レベルや応用レベルまで解くようにしましょう。
 
あくまで上記の内容が全てではないと思いますが、
模試までの残り2日で出来ることもあると思います。特に①の人は意識を変えてみるだけでも違うので、是非実践してみてください!
 
自己ベストが出るよう、頑張っていきましょう!!