センター数学対策について | 東進ハイスクール与野校|埼玉県

ブログ

2018年 2月 22日 センター数学対策について

こんにちは!
首都大学東京システムデザイン学部1年の岡戸です。
 
なさん2月のセンター模試の復習は進んでいるでしょうか。
 
今日はセンター数学について、少し話したいと思います。
 
 
 
まずセンター数学において何が出題者側から問われているか意識して取り組めていますか?
 
 
ずばり、センター数学で問われている技能は
 
「情報処理能力」です。
いかに早く問題をさばいていくかが、問われているわけですね。
 
 
まだ多くの人が現段階で試験を余裕もって、解けないと思います。
そのために自分が受験生時代していたことを何点か紹介したいと思います。
 
 
①センター模試前には必ずセンター形式の問題を解く
センター数学の誘導に沿いながら穴を埋めていくマークシート形式は、普段学校では解かないと思います。模試前に少しでも触れておくだけで全く違います。
 
 
 
②大問別で目標時間を設定して解く
目標時間を設定せず解いていても、一つの大問に固執してしまいどんどん遅れてしまい、全部の問題に目を通すことが出来ません。演習をする上でも大問ごとに、目標時間を定めると効率がよいです。目標時間は個人で解いてみて徐々に自分にあった最適目標を立ててみて下さい。
 

 

③復習で絶対問題を解きなおす
センターでは、似たような問題がでたりします。出来なかった問題は次出た時は、絶対できるようにしましょう。
 
 
 
 
自分は、これらのことを意識して数学のセンター対策していました。
 
数学のセンターは対策をしない限り絶対伸びません!!
ぜひ実践してみてください。
 
 

 

最新記事一覧

過去の記事