勉強の必要不可欠な集中力の高め方 | 東進ハイスクール与野校|埼玉県

ブログ

2018年 1月 27日 勉強の必要不可欠な集中力の高め方

こんにちは!
早稲田大学人間科学部に通っています、大久保です。
 
雪も大分溶けてきましたが、まだ路面は凍結しているところが見られます。転んで怪我をしてしまうと、何をするにも億劫になり、勉強へのモチベーションも下がってしまいます、、、
足元に気をつけてくださいね!
 
さて、今日はみなさんに集中力についてお話ししたいと思います。
 
勉強時間を確保しないといけないのは分かるけど、そんな勉強しても集中力なければ意味がないじゃん
 
そんな言葉を言われたことがあります。
確かにその考えは間違っていないかもしれません。でも集中力ってどうやったら保てるのでしょうか…?
 
最初に言っておきます、最初から集中力がある人なんてなかなかいません。逆に言えば誰にだって集中力はあるのです。
 
何を言っているんだ!と思った方もいるでしょう。しかし今一度自分に問いかけてみてください。勉強以外に何か夢中になった経験がありませんか…??
私は吹奏楽の練習をしているときは、時間がどれくらい経ったかわからなくなることがありました。
 
でも勉強に活かさないと意味がないですよね。
集中力が高まる食べ物等もありますが、なかなか効果がない人もいるでしょう。
勉強に集中するためには、集中するための環境を自分で作り上げる必要があります。
例えば…
・勉強を始める前に5分間くらいで出来る百マス計算をやる
・ペンを机の上に立たせる
・漢字の練習を20問する
・単語を15分で覚える
このように自分で集中するための行動を決めることが大切だと私は考えます。
 
私自身、毎日のルーティーンで勉強開始していました。英語が苦手だったので、英語中心で、東進の高速基礎マスターを使って基礎基本の確認を30分くらい、そのあと単語の紙ベースの小テストと熟語の紙ベースの小テストを30分やること、これが私のルーティーンでした。
また長期休みにはこれに加えて、積分の計算問題を3題解くことも行っていました。
 
私の例はあくまで一例ですが、みなさんも自分が集中するための行動を見つけて、長時間勉強出来るようにしていきましょう!どうすればいいか分からない人は、とりあえず上記の例を実践してみても良いかもしれません。
 
集中力を高めて、勉強時間をしっかり確保していきましょう!