受験生への激励 | 東進ハイスクール与野校|埼玉県

ブログ

2018年 2月 15日 受験生への激励

こんにちは

首都大学東京システムデザイン学部1年の岡戸です。

 

私立大学受験者は後半戦!

国公立受験者は残すところあと10日です!

 

この時期、やることがなくなってしまっただとか、もう私立受かってるからそこでいいかなという声をよく聞きます。

 

長く辛い受験期間、途中で挫けそうになるのも分かります。

 

自分も受験生の時、第一志望の国公立大学の前期試験の手ごたえがなく、正直落ちたと感じました。しかし、そこから、頑張って後期を受けようと思う気持ちは湧きませんでした。

私立大学でいいかなと思っていました。母親もよく頑張ったと褒めてくれて、私立でも満足と言ってくれました。そんな自分の一度は消えた志望校への気持ちを奮い立たせてくれたのは父です。

 

「ここで妥協したら、一生後悔するぞ。受かる受からないじゃない。やりきれ。」

 

この言葉を言われた次の日から、自分はまた塾に毎日通い、結果として首都大学の後期試験に受かることができました。

受かったことも、もちろんそうですが、この時のやりきった達成感は今も忘れません。

最後の最後まで諦めないでやりきれば、絶対自分の将来にとっての糧となります。

 

今、諦めてしまっている受験生はいませんか?やりきったと胸をはって言えますか?

 

もう1度、東進に入った時の初心を思い出してください。

 

最後までやりきらないと、この先一生後悔します。今までどんなに模試の成績が伸びなかったとしても、結果として合格すればいいんです。どんなに失敗を積み重ねたって、その数ある失敗を糧に1回でも成功に繋げられればいいんです。

 

一緒に合格を掴み取りましょう。

東進与野校スタッフ最後まで全力でサポートしていきます。