結果までの過程が大事 | 東進ハイスクール与野校|埼玉県

ブログ

2017年 12月 15日 結果までの過程が大事

こんにちは学習院大学理学部化学科の松田です。

私は学校で学生実験の一部のカリキュラムである『自由実験』に取り組んでいます。
自由実験というのは、学生自らが実験の発案から実験方法を考え、その実験を実行し理解を深めていくという内容です。
実験中に予想していた結果が出なかった時に教授の方々から
「実験結果が大事ではなく、実験するまでの過程が大事である」
という話をされます。

これは皆さん受験勉強にも言えることではないでしょうか。

仮に前回の模試で英語文法の点数が低かったとします。
結果としては『文法が出来なかった』ですが、その要因は何でしょうか?

一例ですが、
・高速マスターがまだ未完全修得である。
・文法講座の内容が復習出来ていなかった。
・日頃から英語の長文にウエイトを置いていて、文法に時間をかけられていない。
等の要因が考えられます。

もちろん結果は大事ですが、結果への過程も大事です。その結果になる原因は必ず過程にあります。一度、自分の勉強習慣や方法を見直してみても良いのではないでしょうか。