試験勉強と締め切り効果 | 東進ハイスクール与野校|埼玉県

ブログ

2018年 2月 13日 試験勉強と締め切り効果


こんにちは学習院大学理学部の松田です。

皆さんは学校の定期試験前後で比較すると

どちらの方が勉強が捗りますか?

きっと定期試験前と答える人が多いと思います。

 

それはどうしてだと思いますか?

人それぞれ原因があると思いますが、

全体として言えるのが

試験前の期間だと試験日という期限があるからだと思います。

この事を『締め切り効果』とも言います。

締め切り効果には、

集中力やモチベーションの向上が期待されています。

 

ですが、締め切り効果には注意が必要です。

締め切り効果を発揮して頑張った結果、

締め切りに間に合わなかった時…

燃え尽きてしまう場合があります。

そうなってしまうと逆効果で、

モチベーションが下がってしまう可能性があります。

 

何事も現実と掛け離れた目標ではなく、

一定期間内で達成出来るスモールステップを踏む事で

締め切り効果を十分に発揮出来るのではないでしょうか。

 

また、試験期間後でも勉強に対しての目標を

自分で決めてクリアする事で締め切り効果を発揮でき、

勉強のモチベーション維持に繋がります。

まずはこの一週間までの目標、二月末までの目標を決めて

達成する事から始めてみましょう。

是非参考にしてみてください。