“継続”こそ英語に必要なもの | 東進ハイスクール与野校|埼玉県

ブログ

2018年 2月 7日 “継続”こそ英語に必要なもの

こんにちは!

法政大学法学部国際政治学科の荻野です。

昨日滝沢先生からもあったように大学生は春休み入りました。

大学生になると自由な時間がたくさんできます。何も考えずに過ごしていてはもったいないです。

受験生は大学生になったらあれやろうこれやろうとたくさん夢を広げていると思います。

その第一歩が出せるかで皆さんの大学生活は決まっていくでしょう。 3年間の高校生活があっという間に過ぎていったように大学生活4年間もすぐに過ぎていくでしょう。

たった4年間しかない時間を有意義なものにするためには受験が終わってすぐに次に向けて動き出すことが大切です。

 

 

 “英語の勉強をしたほうがいいよ” 

 

 

たくさんの人がこの言葉を言います。大学受験のために勉強した英語だけ大丈夫なのではないかと考える人もいるかもしれません。

ですが、ビジネスの場面で使う英語と受験のための英語は別物です。ビジネス場面での英語力をはかるテストがあります。

 

それはTOEICです。

ほとんどの人が聞いたことがあるでしょう。大学の一番最初にやるプレイスメントテストで使われることが多いです。

ここで初めてTOEICを受けると思います。実際受験してみるとセンター試験や入試とは違う難しさがあります。

また、英語はやらないと忘れいていきます。ほんの2週間英語に触れないだけで忘れていきます。 ですが、勉強すれば確実に点数は上がります。大学生のうちに勉強して点数を取れるようにしていきましょう。

 

私は初めてこのテストを受験した時は780点でした。4か月おきにTOEICを受験していました。

日々勉強していたおかげで825点、910点と点数を伸ばすことが出来ました。昨年度900点を超えることを目標にしていたので、見事達成することが出来ました。

英語は継続して学習していくことが必要です。

早め早めに対策をした自分の目標点を達成していきましょう。

 

そこで東進では大学生になった皆さんをサポートする東進ビジネススクールというものがあります。TOEIC対策はもちろん留学で使えるTOEFL対策もあります。 2月13日から授業の体験も可能となっています。

 

今後英語はできて当たり前の世界になってきます。

そんな中で生きていくには大学4年間のうちにしっかり勉強することが大切です。