ブログ | 東進ハイスクール与野校|埼玉県

ブログ 

2018年 5月 20日 苦手教科は今のうちに撃退!

こんにちは!

法政大学法学部国際政治学科2年の荻野です。

 

みなさん勉強は計画的にできていますか?

一日のうちに一つの教科しか勉強していない。

自分の苦手な教科は後回しにして手をあまりつけていない。

こんな人は危険です!!

受験において重要なことは2点。

 

・得意教科を作ること

・苦手教科をなくすこと

 

当たり前のことでですがこのことを考えながら勉強を進めていくことは難しいのではないでしょうか。

得意な教科の方が手を付けようと思います。

勉強していて楽しいのも得意な教科の方でしょう。

一つの教科だけ合格点に届かず合格を逃すことがあります。

また、受験では0.1点の差で合否が決まることもあります。

そんなシビアな世界で勝ち抜くには苦手な教科に対しても正面から向き合っていかなくてはなりません。

苦手を得意にできれば勝ちです。

せめて平均的なくらいできるようになりましょう。

 

 

 

 

 

 

2018年 5月 19日 テストと受験勉強

こんにちは!明治大学農学部農芸化学科1年の芳賀 奎果です。

 

 

生徒の皆さんは今テスト期間の人も多いと思いますが、受験勉強との両立は出来ていますか?

 

全学年に共通して言えることは、

テスト勉強と受験勉強を切り離してはいけない

ということです。

 

 

テストには必ず試験範囲というものがあります。大学受験の場合、試験範囲は高校で学習した内容全てです。つまり、今回の定期テストの内容が大学受験で出題されるということになります。この機会に確実に理解し、自分のものにするという意識をもって勉強に取り組みましょう。

 

また、高校3年生は受験までの時間が限られた中でのテストです。模試と同じように自分の苦手な部分の洗い出しなどにテストを活用することをおすすめします。

 

 

定期テストの為だけの勉強ではなく、大学受験の為の勉強を行っていきましょう!

 

 

 

 

2018年 5月 18日 「一生懸命」


こんにちは!
担任助手4年の大久保です!

いきなりですが、みなさん「一生懸命」という言葉を知っていますか?

たぶん知らない人はいないでしょう。

私の大好きな言葉の一つです。

なぜこの言葉を紹介したかというと受験と結びついているからです。

大学受験というものは辛く険しい道のりを超えて合格を勝ち取ることが出来ます。

生半可な気持ちでは志望校に合格することは出来ないと思います。

もし、これから受験勉強を始める人がいれば命をかけて勉強するくらいの気持ちでスタートしてください。

高校受験とは違い全国の何十万人という受験生がみなさんのライバルです。

簡単に合格できないと考えた方が良いと思います。

もし一生懸命勉強に打ち込むことができたなら、その経験は一生の財産になります。自分も受験勉強を通じ人間としても大きく成長することができました。

生半可な受験勉強では何も得られず、時間の無駄です。

もし今受験勉強を始めようとしている人がいたら、決意を固められる絶好の機会があります。

それは6月11日にある渡辺先生の特別公開授業です

自分も公開授業に参加して受験勉強を一生懸命やる決意が出来ました。

自分の人生を変えたい、受験勉強を始める決意をしたいという人がいれば是非公開授業にお越しください。

あなたの人生が大きく変わる日になるかもしれません。

是非与野校にお越しください!

 

 

 

 

2018年 5月 17日 一日最低6時間

こんにちは明治大学経営学部の倉田です。
 
最近は夏を彷彿とさせる茹だるような気温で参ってしまいますね。受験勉強の基本は健康からです。十分に気を遣っていきましょう。
 
さて校舎で皆さんとお話をするといつも思うことがあります。
それは学習時間が圧倒的に少ないということです。何らかの理由に託けて時間を確保していません。
平日に学校のみの場合少なくとも6時間は学習時間を確保してください。
休日は15時間です。部活や学校行事等もあるので一概には言えませんが、限界まで学習時間を確保してください。
 
これは高校3年生でも1年生でも同様です。よく高校3年生のことを受験生と称しますが、私はこれは間違いだと思っています。
何年生だろうが、大学受験を志した時点で全員が受験生です。
1年生の頃の学習時間は一日3時間でいい!わけがないのです。
 
今一度学習時間に対する認識を改めてください。 大学受験への危機感をもって今後の学習に取り組んでください。

 

 

 

 

 

 

2018年 5月 16日 高速基礎マスターの重要性

こんにちは!!立教大学法学部国際ビジネス法学科1年の井澤です!!

 

皆さん高速基礎マスターはやっていますか?

 

高速基礎マスターを取っているのに手を付けていない生徒は非常にもったいないです。

 

ここではいくつか高速基礎マスターの利点を話したいと思います。

 

 1つ目は音声を聞きながら学習できることです。

 

普通の単語帳だとCDを買わないといけませんが高速基礎マスターはその面倒がかかりません。

 

音声を聞きながら学習することで、単語力だけでなくリスニング力の向上もでき、一石二鳥です。

 

2つ目はすきま時間を使って学習できることです。

 

学校の授業と授業の間の休み時間に友達と話すのも楽しいですが、

その時間を高マスに 使ってみたらどうでしょうか?

 

第一志望に合格する生徒は時間を無駄にしない人が多いと思います。

 

休み時間の10分でできる勉強は限られていると思います。

 

高マスだったら1~2ステージはできますよね。

 

ちょっとした時間にできる高マスはとても役に立つと思います。

 

これだけ利点があってやらないのはもったいないです 皆さん、高マスをフル活用していきましょう