反復学習を心がけよう | 東進ハイスクール与野校|埼玉県

ブログ

2018年 3月 5日 反復学習を心がけよう

こんにちは。上智大学法学部国際関係法学科1年の坂本です。

 

 

今回は暗記の仕方についてお話したいと思います。

文系理系を問わず、皆さんの多くが暗記方法に苦労していると思います。皆さんは確立した暗記方法を身につけていますか。

ひたすら書きながら覚える人、書かずにじっと目で見て覚える人と、暗記事項を音読する人など様々なタイプがあると思います。 私は暗記をする時、書かずにじっと目で見て覚えるタイプでした。しかし、ひたすら暗記事項をじっと見ていてもなかなか頭に入らず、覚えてもすぐに忘れてしまうことがありました。

 

 

そこで工夫したのが、反復して学習することです。

 

 

目で見て覚えることに加え、ふとした瞬間や歩いている時に暗記事項を頭の中で反復し、記憶として定着させられるように心掛けていました。 例えば日本史や世界史であれば、単語一語を覚えるのでなく、時系列ごとに頭の中で整理できるまで徹底して覚えることや因果関係を頭の中で組み立てられるようにすることが大切になります。数学や理科科目であれば、数式を単に覚えるのでなく、どのようにしたらその数式が成り立つのかまでをきちんと理解し定着させることが大切です。

 

 

暗記事項は、脳に重要だと認識させることがまず大事です。重要だと脳が認識すれば、自然と記憶として残ります。 ただ書いて覚えたり、目で見てじっと覚えるだけでなく、頭の中で暗記事項を反復するところまで行ってみて下さい。