必要条件と十分条件 | 東進ハイスクール与野校|埼玉県

ブログ

2017年 12月 9日 必要条件と十分条件

こんにちは明治大学経営学部会計学科の倉田です!

今日は必要条件と十分条件についてお話をしたいと思います。

これは別に数学の話をしよう!というものではなく、モノの考え方の話になります。

校舎で高速基礎マスターや学校のテストについて「こんなのできなくてもよくね?」と言っているのをよく耳にします。

確かに高速基礎マスターを早期に修得(単語などの基礎を固める)したり、学校のテストで良い点を取ったから受験に合格した!ということはまずないでしょう。

しかし高速基礎マスターの早期修得や学校のテストすらも突破できないようではさらに厳しい大学受験に合格することは絶対にありません。

つまり日頃の行動はすべて大学受験合格のための必要条件であり、合格に直結するような十分条件ではないということです。

僕は何が言いたいのでしょうか。結論としては日々、万事に、全力で取り組むことを言いたいです。「できなくてもよくね?」は存在しないのです。どんなことをしても受験に合格するという確約は得られませんが常により合格の可能性を高められるような行動を選択していく必要があります。

そこで東進生の皆さんには毎日登校と通期講座の早期修了を主眼に置いて受験勉強に励んでほしいと思います。校舎に来て閉館まで学習するという継続力、通期講座の早期修了という基礎力の早めの完成を心に持って学習に取り組んでください。

 

 

過去の記事