模試からの学びを最大化せよ! | 東進ハイスクール与野校|埼玉県

ブログ

2020年 6月 23日 模試からの学びを最大化せよ!

こんにちは!早稲田大学社会科学部3年の杓井満太です。

全国統一高校生テストが終わり、2日経ちますが皆さん復習は進んでいるでしょうか?

受けっぱなしの模試ほどもったいないものはないので、復習にきちんと時間を割くようにお願いします。

そこで今回は、復習の際に気を付けてほしいポイントを2点、お伝えします。

 

①過去にやった受講のテキストや参考書も交えながら復習する。

復習をする際に解答・解説のみで済ませているみなさん、非常にもったいないです!

皆さんが間違えた問題と似たような問題・知識が、お手元のテキスト・参考書・問題集に必ずあるはずです。そのテキストの該当箇所に一言メモしておきましょう。

「6月の全統で間違えた。○○に注意!」

このようにテキストに書き込んでいくことで、後で見返した際にここは自分が間違えた部分だから要注意だ、ということが把握できるようになります。そしてそれを繰り返せば、いずれはあなたの弱点が1目でわかる、あなただけの、あなたによる、あなたのための参考書ができあがります。

さらに、もう1つこれをやる利点があります。それは間違えた箇所をより覚えやすくなる、という利点です。人は知識をを結び付けて記憶します。言い換えるならば、その情報に「自分が間違えた」という体験が結びつくことで、記憶はより強固になります。ただ単に〇〇という単語を覚えるだけではなかなか覚えられません。しかし「○○、これあの模試で間違えたんだよなぁ」というように、実体験と関連させればより覚えやすくなるのがわかるでしょう。

 

②解き直しを忘れずに!

たまに解答・解説を読み、理解して満足して終わる人がいます。もう一歩踏み込みましょう!解答・解説を読んで理解しただけでは、あくまで「わかる」という段階です。「わかる」と「できる」は違います。「できる」段階に持っていくために、復習をした数日後にぜひ解き直しをしてみてください。自分で模範解答を再現できるかどうか試してみてください。

 

以上の2点を頭に入れて、模試からの学びを最大化できるような復習・解き直しをやっていきましょう!!

  ↑ ↑ ↑ ↑ ↑ ↑ ↑ ↑ ↑ ↑ ↑ ↑ ↑ ↑ ↑ ↑ 詳しくは画像をクリック ↑ ↑ ↑ ↑ ↑ ↑ ↑ ↑ ↑ ↑ ↑ ↑ ↑ ↑ ↑ ↑ ↑ ↑