12月の日本史 | 東進ハイスクール 与野校 大学受験の予備校・塾|埼玉県 東進ハイスクール与野校|埼玉県

ブログ

2021年 12月 6日 12月の日本史

 

こんにちは!

埼玉大学教育学部2年の野口鮎奈です!

 

今回は12月にやりたい暗記科目勉強法です。

暗記科目とはいえ、通年同じ勉強法ではありません!

これからが1番伸びる日本史こそ、効率よく勉強しましょう!

 

①できるできないの判別

12月になり、模試も増えてきていますね。

しかしこれは絶好の機会です。

正直、この時期にできない問題は危機感を持って欲しいですが、できないということは『美味しい』と思いましょう!

 

②できないを可視化

この時期にできない問題って、今まで何度も間違えてきましたよね?

12月になると初めましての問題よりも、見慣れた問題が多いはずです。

 

美味しい問題を中心に、受講ノートやテキストに付箋を貼り付けてました!

模試直前や本番直前に『できない問題』だけを見返して短期記憶に頼るのもアリでしょう。

 

③マイ参考書をとことん使いこなす

本番当日の休み時間、どの参考書のどこを見返すか決められますか?

この時期に複数の参考書を使い回すのではなく、直前でも信頼できる1冊にとことん書き込みを入れましょう!

 

私は日本史の受講ノートに美味しい問題を付箋で貼り付けていたので、その1冊だけを会場に持って行きました。特に文化史・テーマ史!!!

 

 

④資料集

この時期の追い込みは文化史・テーマ史でしょう

資料集は眺めているだけでも視覚的に覚えます

休み時間、ガッツリ勉強はできない…

ご飯食べながら教科書持てない…

という時は資料集を開いて眺めるだけでもOK!

 

 

以上、日本史を中心に暗記科目の勉強法を紹介しました。

私自身、12月の模試まで70点ほどでしたが、

センター試験本番には91点でした。

まだまだ大丈夫!!!!