辛いときは、、、 | 東進ハイスクール与野校|埼玉県

ブログ

2020年 8月 26日 辛いときは、、、

こんにちは!明治大学 1年 木村翔太です!!

 

今回は受験勉強で辛くなったときの対処法をみなさんにお話ししたいと思います!!

受験勉強と聞くと僕は「辛い」というイメージを持ちます。僕は受験生時代、模試の点数が上がらなかったり思うように勉強ができず悩んでいました。夜寝る前に泣くことも多々ありました!!

辛いときの対処法として僕が行っていたことを2つお話しします!!

 

まず1つ目は、辛いときはとにかく泣くことです!!

これが一番だと思います。

不安なことや辛いことは、あなたが泣くことで涙になって体の外に出ていきます

いろいろ抱え込んでいた不安がたくさん泣いてみると、少し心が軽くなったような気がします。 泣くことは恥ずかしいことでもなんでもありません!!

辛いときはたくさん泣きましょう!

 

2つ目は、不安なことや辛いということを人に話すことです!

人に話すということは、不安だったり辛いという抽象的な感情を言葉にして相手に伝えるということです。

ぼんやりしたマイナスなイメージをしっかりと言葉にすることで、自分は何が嫌なのか、何が不安なのかを確認し、漠然とした不安が和らぐかもしれません!

また人に話すことで、なぜかはわかりませんが少し気が楽になります。友達に話すのでもいいですし、親御さん、東進の担任助手でも誰でもいいので、辛いときは人に話してみましょう!

 

東進の担任助手、校舎長はみなさんの味方です!!!

いつでも頼ってください!!!