全国統一高校生テストの前に | 東進ハイスクール 与野校 大学受験の予備校・塾|埼玉県

ブログ

2022年 5月 9日 全国統一高校生テストの前に

 

こんにちは! 芝浦工業大学3年の岩松です。

暖かくなってきましたね。これから梅雨に入り、気分が下がり気味になりがちですが、気合入れて頑張りましょう!

 

今回は 「全国統一高校生テストに向けてやっておくべきこと」について話したいと思います。

私がやっておくべきことだと思うことは二つあります。

 

一つ目は、基礎基本の再確認です。

主要科目は一通り学び終えたと思います。ですが、まだ固まり切っていない部分があるはずです。

今やるべきことは、そこの部分を一つずつ潰していくことです。

急いで応用に入るのではなく、まずは基礎基本が固まっているのか再確認して下さい。

今のうちに固めておかないで、あとから基礎に戻ると余計に時間がかかってしまいます。

今がラストのタイミングだと思います。

模試などで自己分析をし、基礎基本の確認をしてみましょう。

 

二つ目は、過去問を解くことです。

模試を受けてみて、時間が足りなかったり問題形式に戸惑ったりしたと思います。

その対策をするには、過去問を解くことが1番効率がいいです。

時間配分の目安としては、制限時間の約8割ほどで解ききることです。

8割で解く理由としては、本番は焦って最初手につかないということが起きます。

そのときに日頃から8割の時間で解くことによって、もし焦っても時間に余裕を持って解くことができます。

また、見直しの時間を十分に確保することができます。

マークがずれていたり、間違えてマークしていたとしても、見直しをすることによって防ぐことができます。

過去問を解き、模試に臨むことはとても重要です。

結果が思うように出ない人は、是非過去問を解いてから臨んで下さい。

 

6月模試は中間チェックです。

各自今できる万全の準備をして、挑んで下さい。