模試との向き合い方 | 東進ハイスクール与野校|埼玉県

ブログ

2018年 10月 29日 模試との向き合い方

皆さんこんにちは。早稲田大学社会科学部杓井満太です。

 

 

昨日全国統一模試が終わりましたね。受験した生徒はしっかりと出来なかった箇所を見直し、復習に努めるようにしてください。

 

昨日僕は模試監督をやっていたのですが、一つ感じたことがあります。

 

それは何か。

 

 

緊張感や集中力が切れている受験生が多かったことです。

 

生徒の解答用紙を回収し目を通すと、集中力の欠如から来るミスが非常に多い。

例えば選択問題のマーク忘れ、現・現古・現古漢のマーク忘れ、一番ひどかったのは受験番号忘れです。

 

これらのミスは本番で犯せば命とりです。

 

もう一度模試に臨む自分の姿勢、態度を考え直してみてください。

 

ちゃんと集中はできているか、上手くいかなかった場合どう次に切り替えるのか、模試前日の準備は本当に今のままでいいのか。

 

もちろん模試において数値的な結果は大事です。しかしそれと同じくらい、より本番に近い状況、精神状態で試験を受けられたかどうかも大切です。

 

受験学年の皆さんはあと数えるほどしか模試はないと思いますが、だからこそ一つ一つの模試を大切にして、より本番に近いかたちで臨むようにしてください。

 

まさに

 

「練習は本番の如し、本番は練習の如し」です。