6月 | 2019 | 東進ハイスクール与野校|埼玉県

ブログ 2019年06月の記事一覧

2019年 6月 19日 どうやって英語を勉強する?

こんにちは!早稲田大学政治経済学部1年の池田茉由です。

 

最近は気温が上がったり、雨で下がったり、安定しない天気が続いていますね。体調管理をきちんとして、万全な状態で勉強できるようにしましょう。

 

 

 

さて今回は、英語の勉強法についてお話ししたいと思います。

 

学校や塾にいると、英語の早期完成を求められることが非常に多いです。しかし、それはなぜだか分かりますか?

 

それは、大学入試で英語の配点が高いからです

つまり、大学側が、受験生に高い英語力を求めているということです。

 

英語を苦手科目とし、本番まで避け続けることはできません。自分なりの勉強法を見つけ、向き合うことが大切です。

 

そこで、私が現役時代にやっていた勉強法を紹介したいと思います。

 

まずは英単語です。

東進では、高速基礎マスターというシステムがあるのですが、私はそれを入試本番まで活用していました。

覚えている覚えてないということではなく、毎日単語に触れることを重視していました。

 

次に英文法です。

英熟語に関して、私はよくセンター模試を活用していました。

センター模試の大問2を中心に、間違えたところを参考書で確認し直し、参考書に印をつけておきます。

その印がついているところを毎日確認し、さらに模試の直前に見るようにしていました。

「文法」が苦手と一括りにするのではなく、文法の何が苦手かを振り返り、次の模試に備えるようにしましょう。

 

最後に長文です。

センターでも一般入試でもそうですが、長文を隅から隅まですべて理解することは求められていません。

そうではなく、文章の中で何が重要で、何が重要でないかを取捨選択することが必要です。

重要な部分は、段落の最初と最後の文や、接続詞の後にあることが多いです。

特に模試などで時間が足りないという人は、参考にしてみてください。

 

また、速く読めるようになるためには音読をおすすめします。

英文を滞りなく読むには、英文に慣れることが大切です。面倒くさがらずに、積極的に取り組んでみてはいかがでしょうか。

 

 

 

 

今回は少し具体的な英語勉強法を紹介しました。

あくまで私が行っていた勉強法にすぎませんが、自分に合った勉強法を見つける上での参考にしてみてください!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2019年 6月 18日 大問別やりましょう

みなさん、こんにちは。

中央大学理工学部経営システム工学科1年の高橋涼です。

 

 

いろんな先生も言っていますが本当に大問別演習をお勧めします。なんと言っても効率がいいです。数学に関して言うと、先にいまやってる参考書をやりたい、終わらせたいという人もいるかもしれません。去年の自分がそうでした。その結果中々センターの点数が上がりませんでした。もちろん参考書をやることで数学の力は付きます。しかし、センター数学は少し特殊な部分があると自分は思います。どんなに力のある人でも計算スピードがなければいい点数は取れないし、だからといって焦ってやっても計算ミスをしてしまい結局タイムロスになってしまいます。

 

 

 

速く且つ正確にを実現するには実際のセンター形式に慣れる、コツをつかむことが大切ではないでしょうか。

 

 

 

夏にはセンター数学はある程度の点数を取っていかないとその先、数三や理科科目などが入ってきてどんどん余裕がなくなっていきます。

 

 

 

参考書を先に終わらせたいではなく、参考書もやりつつ時間を作って大問別もどんどんやっていきましょう。

 

2019年 6月 17日 数学の高マス!!

こんにちは!!明治大学理工学部情報科学化1年の倉嶋泰生です!!

 

皆さんは東進のコンテンツである数学計算演習というものをご存知ですか??

これは数学の高マスといわれているもので数学の基礎問題がたくさん収録されています。

 

これを反復に繰り返すことで基礎力を定着させることが出来ます。

 

僕が受験生のときはこのツールはとても重宝しました。

英語の高マスのついでで取り組んでいました。進めていったらスタンプリレーみたいで楽しくなってきます笑

 

またこれを完璧にしたらセンターテストで得点を稼ぐことが出来ます。なのでみなさんもガンガン解いてくようにしましょう!!

 

 

 

2019年 6月 16日 基礎をつけよう!!

皆さんこんにちは!学習院大学理学部1年の小林千宙です!!

 

突然ですがあと1ヶ月ほどで夏休みが始まりますね!

夏休みに入ったら本格的に過去問を解くようになると思います。

 

しかし、これから過去問を解く上で自分と同じように問題がとても難しく感じこんなの解けるかよと思ってしまう人も出てくるんじゃないかなと思います。

 

基礎基本がしっかり出来ていないとこのように感じてしまうかもしれません

 

なので今から夏休みまでの間しっかりとこれまでの受講の復習や高マスを継続させることで基礎基本をしっかりと身につけていきましょう!!

 

2019年 6月 15日 夏に向けて

 

 

みなさん、こんにちは!

立教大学法学部2年の井澤寧です!

 

全国統一高校生テストも終わり、復習すべき点や課題が見つかったと思います。

模試の復習や弱点の克服等はもちろん今までどおりに行って欲しいのですが、そこに+αでやって欲しいことがあります。

それは、センター過去問やセンター形式の問題の演習量を増やすということです。

夏休みには東進では基本的に受験科目のセンター過去問を10年分解きます。

ただそれまで模試のみでしかセンター形式の演習を行なっていないとその効果が十分に表われません。

 

そのため、夏前のこの時期からなるべく多くのセンター形式問題に触れアウトプットとインプットを同時に効率よく行いましょう!!

 

また、自分なりに各教科・各大問ごとの時間配分や解く順番なども模索していけると飛躍的に点数が上がると思います。

ここからはただ愚直に勉強をするのではなく、どうしたらより覚え・高得点が取れるのかを考えながら勉強していくことが受験期に成績を上げ、逆転合格に近づく秘訣です!!