どうやって英語を勉強する? | 東進ハイスクール与野校|埼玉県

ブログ

2019年 6月 19日 どうやって英語を勉強する?

こんにちは!早稲田大学政治経済学部1年の池田茉由です。

 

最近は気温が上がったり、雨で下がったり、安定しない天気が続いていますね。体調管理をきちんとして、万全な状態で勉強できるようにしましょう。

 

 

 

さて今回は、英語の勉強法についてお話ししたいと思います。

 

学校や塾にいると、英語の早期完成を求められることが非常に多いです。しかし、それはなぜだか分かりますか?

 

それは、大学入試で英語の配点が高いからです

つまり、大学側が、受験生に高い英語力を求めているということです。

 

英語を苦手科目とし、本番まで避け続けることはできません。自分なりの勉強法を見つけ、向き合うことが大切です。

 

そこで、私が現役時代にやっていた勉強法を紹介したいと思います。

 

まずは英単語です。

東進では、高速基礎マスターというシステムがあるのですが、私はそれを入試本番まで活用していました。

覚えている覚えてないということではなく、毎日単語に触れることを重視していました。

 

次に英文法です。

英熟語に関して、私はよくセンター模試を活用していました。

センター模試の大問2を中心に、間違えたところを参考書で確認し直し、参考書に印をつけておきます。

その印がついているところを毎日確認し、さらに模試の直前に見るようにしていました。

「文法」が苦手と一括りにするのではなく、文法の何が苦手かを振り返り、次の模試に備えるようにしましょう。

 

最後に長文です。

センターでも一般入試でもそうですが、長文を隅から隅まですべて理解することは求められていません。

そうではなく、文章の中で何が重要で、何が重要でないかを取捨選択することが必要です。

重要な部分は、段落の最初と最後の文や、接続詞の後にあることが多いです。

特に模試などで時間が足りないという人は、参考にしてみてください。

 

また、速く読めるようになるためには音読をおすすめします。

英文を滞りなく読むには、英文に慣れることが大切です。面倒くさがらずに、積極的に取り組んでみてはいかがでしょうか。

 

 

 

 

今回は少し具体的な英語勉強法を紹介しました。

あくまで私が行っていた勉強法にすぎませんが、自分に合った勉強法を見つける上での参考にしてみてください!