9月 | 2020 | 東進ハイスクール与野校|埼玉県

ブログ 2020年09月の記事一覧

2020年 9月 28日 眠気を覚ますには…?

こんにちは!担任助手1年の細矢 晶大です。
 
 
受験生、低学年の皆さん毎日勉強お疲れ様です。
 
 
皆さん勉強、部活に忙しい日々が続き、よく勉強中にウトウトしている人を見ます。
 
 
中にはウトウトしていつの間にか寝ていて起きたらすごい時間経っていたということもあるのではないのでしょうか?
 
 
僕も受験生の時は毎日眠気に襲われながら勉強していました笑
 
 
そんな時は僕は「10分睡眠」をしていました。
 
 
10分睡眠は読んで分かる通り10分間、時間を測って睡眠することです。
 
 
僕の考えは眠い時はエナジードリンクを飲んだりするより寝た方がいいと思います。
 
 
寝た方が頭もスッキリしてとてもいい状態でできると思います!
 
 
しかし寝すぎると起きた瞬間から頭が完全に回らないので僕は10分という短い時間を設けて寝ていました。
 
 
これを繰り返した結果、はじめはアラームをかけて寝てましたがアラームを付けなくても10分で起きれるようになりました笑
 
 
人それぞれ眠気を覚ますために色々な方法があると思いますが、短時間で目が覚めるような方法を模索してみてください!!!
 
 
 
 

2020年 9月 27日 今やるべきことは何か

こんにちは、
埼玉大学教育学部恩蔵千菜美です

あと3日で9月も終わります
夏休みが明けてこの1か月は気を緩ますことなく
勉強することはできましたか?

本来の予定なら、今頃は単元ジャンル演習をじゃんじゃんやっていることが当たり前ですが、その当たり前に乗れていない人、危機感は持てていますか?

そもそも共通テスト10年分、もしくは、共通テスト5年分+二次私大過去問5年分
修了できていない生徒は、かなりやばいです。

11月からは第一志望対策が本格スタートし、
12月、1月には共通テスト直前対策をします。

そこから逆算すると、まず過去問1週目が今のうちにできているこが前提になります。
そして、この10月中に苦手を克服しておく必要があります。

このカリキュラムにうまく乗っていければ、確実に合格率は上がるという実績が実際に出ています。

もう時間も無くなってきているので、今自分が優先すべきことは何なのか考えて
効率的かつ、効果的な勉強をしていきましょう!

 

 

 

2020年 9月 26日 緩まない!!

 

みなさん こんにちは!与野校 担任助手の木村です!!

 

そろそろ9月も終わってしまいます。

今月の自分の勉強を振り返ってみて、どうでしたか!

納得のいく勉強ができた人もいれば、納得のいかない人もいると思います。

9月は、夏休みのときのモチベーションが落ちてしまい、勉強時間が夏休みほど取れていないという人も少なからずいるのではないでしょうか。

モチベーションが落ちてしまい、やみくもに勉強していませんか!?

 

第一志望校に合格するために、まずは短期的な目標を立てましょう!!

共通テスト本番で全科目9割ほど取りたいのであれば12月の最終模試で9割は取っておきたいですよね。となると10月の模試では8割は取っておきたいところです。

このように、本番で取りたい点数を設定してそこから逆算して、次の模試では何点を取ればよいのかを決めましょう。

受験勉強において重要なことは逆算をしてものごとを考えるということです。

なにか参考書に取り掛かるときも、ただ単純に取り組むのではなく全体の量を見て、一日にどれくらいやるべきなのかを判断しましょう!!

10月で自分の目標の点数を取るために、いまなにをやるべきなのかを考えて行動しましょう!!

 

2020年 9月 23日 残り時間少なくなってきてます

 

 

こんにちは、高橋涼です。

 

共通テスト本番まで104日

 

みなさん、時間を無駄にせず勉強できているでしょうか???

 

東進生のみなさん、昨日までの4連休毎日朝から来れた人、どのくらいいたでしょうか?

 

朝から勉強できていない人、ほんとに第一志望の大学に受かる気ありますか??

 

今日は土日祝日に生まれる勉強の差を計算しましょう。とても簡単です。

 

開館時間の10時から来る生徒  vs  お昼食べてから14時から東進に来て初めて勉強する人

差は4時間。4時間×4日=16時間。昨日までの4連休だけで16時間もの差が生まれていた。

 

そしてこれからの事を考える。

残り土日32日。祝日3日(冬休み除く)。

 

4時間×35日=140時間

 

大きすぎる!!!132時間は大きすぎる!!明らかに合否左右する!!

 

危機感感じた人は改善してください。

 

 

 

 

2020年 9月 22日 記述・論述力を高めよう!

こんにちは!早稲田大学社会科学部の杓井満太です!!

受験生の皆さんは、過去問演習進んでいるでしょうか?

国立志望の皆さんの中には、記述・論述問題に苦戦している人もいると思います。

自分も受験生時代は国立大を志望していたので、記述・論述問題の手強さはよくわかっています。

記述・論述対策をするうえで、何よりも重要なのは、「第三者に添削してもらう」ことです!

たとえ自分の頭の中で理解していたとしても、それが採点者に伝わっていなければ、何の意味もありません。自分で答案を作り、解説を見ながら自分で添削しても、それは自己満足に過ぎません。

初めてその答案を読んだ人が、理解できるかどうかが何よりも重要なことです。東進の過去問演習講座や答案練習講座を活用したり、学校の先生に添削をしてもらう中で、何度も答案に対してフィードバックをもらい、修正していくことこそ、記述・論述力を高めるために重要なことです!

色んな人やツールをうまく活用しながら、人に伝わる答案を心がけましょう!!